コントロールジェルME 成分

コントロールジェルMEの成分※成分でひも解く抑毛効果とは

 

コントロールジェルME成分

 

コントロールジェルMEは天然の成分を主原料にしているので

 

敏感肌やアトピー肌でも安心して使用できます。

 

ただ、実際に気になるのは本当にムダ毛に効果があるかという点ですよね。

 

 

私自身、コントロールジェルMEを使う前にどれだけ抑毛効果があるのか気になったので、

 

その時調べた成分のことをこの記事でまとめてみました。

 

この記事を読むことで、

 

コントロールジェルMEの成分がなぜ抑毛や美肌に効果があるのかはっきりと理解できます。

 

コントロールジェルMEの全成分

 

水、イソペンチルジオール、グリセリン、センチフォリアバラ花水、カラギーナン、BG、ダイズ種子エキス、ヒオウギエキス、アマチャエキス、ザクロ果皮エキス、ヒアルロン酸Na、ウンカリアトメントサエキス、ペルベチアカナリクラタエキス、マルチトール、アラントイン、グリチルリチン酸2K、エタノール、アロエベラ葉エキス、イチョウ葉エキス、ホップ花エキス、ローズマリー葉エキス、マグワ根皮エキス、オウゴン根エキス、セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス、カミツレ花エキス、トウキンセンカ花エキス、ヤグルマギク花エキス、ゴボウ根エキス、ローマカミツレ花エキス、オランダガラシ葉/茎エキス、サボンソウ葉エキス、セージ葉エキス、セイヨウキズタ葉/茎エキス、レモン果実エキス、パパイン、マルトデキストリン、マンダリンオレンジ果皮エキス、ローヤルゼリーエキス、ブッチャーブルーム根エキス、アルニカ花エキス、チャ葉エキス、セイヨウトチノキ種子エキス、ヒバマタエキス、スギナエキス、セイヨウアカマツ球果エキス、クズ根エキス、フユボダイジュ花エキス、パリエタリアエキス、キュウリ果実エキス、ゼニアオイ花エキス、セイヨウニワトコ花エキス、クロレラエキス、メチルパラベン、孔雀石抽出物

 

市販の安い商品ではなく、コントロールジェルMEのような高級な抑毛剤には抑毛成分と美容成分が豊富に含まれています。

 

まずはコントロールジェルMEの抑毛成分をご紹介します。

 

コントロールジェルMEの抑毛成分

 

ダイズ種子エキス

 

抑毛ジェルやローションのほとんどに入っている定番の抑毛成分です。

 

ダイズ種子エキスはマメ科植物ダイズの種子から抽出して得られるエキスです。

 

ダイズ種子エキスに含まれているイソフラボンは女性ホルモンと同じ働きをするので男性ホルモンが抑制されます。

 

この効果によりムダ毛の成長を遅らせます。

 

そして、ダイズ種子エキスにはすぐれた保湿効果があり、

 

肌にうるおいを与え、キメを整えて、肌本来の状態を保ってくれます。

 

ヒオウギエキス

 

ダイズ種子エキス同様、イソフラボンを高濃度に含んでおり、男性ホルモンを抑制し、抑毛に効果的です。

 

また抑毛効果だけではなく、美肌や美白、保湿効果もあります。

 

ザクロ果皮エキス

 

ザクロ果皮エキスはザクロ果皮から抽出したエキスです。

 

イソフラボンと同様に女性ホルモン同じ働きをするので男性ホルモンが抑制されます。

 

また強い抗酸化作用を持つポリフェノールを含み、美肌、美白効果が期待できます。

 

ホップ花エキス

 

女性ホルモンと同じ働きを持つイソフラボンを含み、抑毛効果、抗酸化作用、抗菌作用が期待できる成分です。

 

パパイン酵素

 

パパイン酵素はパパイヤの葉に豊富に含まれる消化酵素です。

 

パパイン酵素は毛を生み出す毛乳頭のケラチンたんぱく質を分解させる作用を持ちます。

 

その効果により、毛根が衰えて、ムダ毛が細くなったり、発毛が抑制されます。

 

クズ根エキス

 

男性ホルモンを抑えるイソフラボンが豊富に含まれているので抑毛効果が期待できる成分です。

 

また、保湿作用、美白作用を持っているので、しみやたるみを改善する効果も期待できます。

 

コントロールジェルMEの美容成分

 

センチフォリアバラ花水

 

皮膚を乾燥から守る保湿作用、紫外線を受けたお肌の鎮静や抗酸化作用があります。

 

アマチャエキス

 

アマチャエキスはユキノシタ科に属するアジサイの変種であるアマチャの葉や枝先から抽出されるエキスです。

 

消炎症効果、保湿効果があります。

 

ヒアルロン酸Na

 

保水性と浸透性に優れ、皮膚にハリを与え滑らかにする効果があります。

 

ウンカリアトメントサエキス

 

南米のペルーのアマゾン奥地に自生する蔓性植物で爪のようなトゲが生えていることからキャッツクローとも呼ばれます。

 

紫外線によって受けたダメージを修復する作用を持ちます。

 

ペルベチアカナリクラタエキス

 

フランスのブルターニュ地方で摂れる海藻からの抽出成分。

 

この海藻は二週間水がなくても蘇生するくらいの保水力を持っています。

 

なので高い保湿効果が期待できます。

 

アラントイン

 

消炎作用があるので、肌荒れや傷に効果的です。

 

またターンオーバーを促進する作用を持つので、色素沈着を防ぐ効果も期待できます。

 

グリチルリチン酸2K

 

抗炎症作用、抗アレルギー作用を持っているため、炎症やアレルギー症状を抑える効果が期待できます。

 

アロエベラ葉エキス

 

抗炎症作用、抗菌作用があり、炎症など肌トラブルを改善する効果があります。

 

また、保湿効果や美肌効果も期待できます。

 

イチョウ葉エキス

 

血流増加作用を持ち、抗アレルギー作用や炎症を抑える作用を持ちます。

 

ローズマリー葉エキス

 

優れた抗菌、殺菌効果をもち、防腐剤としても高い効果を持ちます。

 

そして、消炎作用を持つので肌荒れなど炎症をを防ぐ効果を持ちます。

 

マグワ根皮エキス

 

お肌の透明感を保つ成分が含まれており、紫外線からお肌を守る働きを持ちます。

 

潤いを補う効果も高いので日焼けして、乾燥したお肌のお手入れにも有効です。

 

オウゴン根エキス

 

抗炎症作用、保湿作用だけではなく、男性ホルモンを抑える作用を持つので抑毛にも効果的です。

 

カミツレ花エキス

 

メラニンの活性化を抑制する作用を持ち、美白効果や紫外線を吸収する効果を持ちます。

 

また優れた消炎作用を持ち、肌荒れや炎症を防ぐ効果を持ちます。

 

セージ葉エキス

 

抗菌作用、抗炎症作用を持ち、肌トラブルを防ぎ、お肌のキメを整える効果が期待できます。

 

セイヨウキズタ葉/茎エキス

 

抗炎症作用、収斂作用、抗菌作用を持っているので、肌荒れやニキビを防ぐのに最適な成分です。

 

レモン果実エキス

 

収れん作用、保湿作用、細胞を活発化させる作用をもちます。

 

それらの作用により、皮脂分泌を調整し、お肌を引き締める効果が期待できます。

 

マンダリンオレンジ果皮エキス

 

マンダリンオレンジ果皮エキスは、マンダリンオレンジの果皮から抽出したエキスです。

 

肌に透明感を与える効果と角質のキメと艶を保つ効果があります。

 

ローヤルゼリーエキス

 

新陳代謝を活発化させる作用、肌の老化を抑える作用、皮脂分泌を調整する作用を持ちます。

 

アルニカ花エキス

 

抗炎症作用、収れん作用、血行促進作用を持ち、肌荒れやニキビに効果的です。

 

チャ葉エキス

 

抗炎症作用、収れん作用、保湿作用を持ちデオドラント効果が優れた成分です。

 

セイヨウトチノキ種子エキス

 

セイヨウトチノキ種子エキスはセイヨウトチノキの種子から抽出して得られるエキスです。

 

抗炎症作用、収れん作用、保湿作用を持ちます。

 

ヒバマタエキス

 

保湿作用、皮膚再生作用、血行促進作用を持ち、お肌に潤いを与え、

 

乾燥からお肌を守り、ハリを与える効果がある成分です。

 

スギナエキス

 

保湿作用、収れん作用、抗炎症作用に優れ、アトピー性皮膚炎を改善する効果を期待できる成分です。

 

セイヨウアカマツ球果エキス

 

保湿作用、抗炎症作用、収れん作用を持ち、お肌にうるおいを与え、

 

ハリのあるお肌に導く効果が期待できる成分です。

 

また、肌荒れを防止する効果も期待できます。

 

フユボダイジュ花エキス

 

保湿作用、抗炎症作用、収れん作用を持ち、お肌にうるおいを与え、

 

ハリのあるお肌に導く効果が期待できる成分です。

 

パリエタリアエキス

 

保湿作用、抗炎症作用、収れん作用を持ち、お肌にうるおいを与え、

 

ハリのあるお肌に導く効果が期待できる成分です。

 

キュウリ果実エキス

 

保湿作用、抗炎症作用、収れん作用を持ち、お肌にうるおいを与え、

 

ハリのあるお肌に導く効果が期待できる成分です。

 

また、お肌の乾燥を改善する働きを持つので、乾燥で崩れたキメを整える効果も期待できます。

 

ゼニアオイ花エキス

 

非常に高い保湿作用を持ち、乾燥からお肌を守る効果が期待できる成分です。

 

また消炎作用にも優れ、肌トラブルやアトピー性皮膚炎を改善する効果も期待できる成分です。

 

セイヨウニワトコ花エキス

 

抗菌作用、抗炎症作用を持ち、肌トラブルを防ぎ、お肌のキメを整える効果が期待できます。

 

クロレラエキス

 

保湿効果、細胞の働きを活性化させる効果を持ち、乾燥からお肌を守り、

 

加齢によるシミ、シワ、くすみなどを防ぐ効果が期待できる成分です。

 

コントロールジェルMEの成分まとめ

 

調べた結果、コントロールジェルMEには抑毛成分と美肌成分が豊富に含まれていることが分かりました。

 

とりわけ、お肌の炎症や肌荒れを防ぐ成分がたくさん入っています。

 

コントロールジェルMEはムダ毛を処理した後に使うので

 

肌荒れを防止する成分が豊富に入っていると安心できますよね。

 

口コミで副作用を訴える人が全くいない理由は、ほとんどの成分が安全な植物成分で構成されているからでした。

 

そして、実際にコントロールジェルMEの成分を解析して、

 

子供でも安心して使用できる理由がわかりました。

 

コントロールジェルME成分

 

コントロールジェルME 口コミ